鍼灸が及ぼす治療効果について┃首の痛み・頭痛の治療



前回の記事では頭痛の種類について説明しました。


今回は、頭痛の中でも症状を抱えている人が多い「緊張型頭痛」と「片頭痛」の
鍼灸治療について説明していきます。


↓↓↓前回記事↓↓↓
鍼灸が及ぼす治療効果について┃首の痛み・頭痛の種類

鍼灸治療とは?




鍼(はり)灸(きゅう)を用いて経穴(ツボ)を刺激し、身体のバランスを整え、機能の回復をするための治療方法です。その効果は世界保健機関(WHO)に認められており、医学業界からの注目も集めています。

鍼を刺す、灸をすえると言われると、痛そうとか熱そうとか、嫌なイメージを抱く方も多いかと思います。


現在日本で行われている鍼灸は、日本人向けに進化したものです。


鍼は、髪の毛と同じぐらいの太さで、痛みを少なくするために改良されており、お灸は、やけどがおきずらいようになっています。
 

鍼灸治療が痛みに効くメカニズム



鍼灸は頭や首肩のツボに鍼を刺すことによって刺激で筋肉の緊張をほぐし、血流をよくすることで頭痛の原因を解消して痛みを鎮めます。また慢性の頭痛がある人は冷えを伴う場合もあるため、頭痛になりにくい体質へと改善していきます。



刺した鍼の刺激が自律神経系や免疫系に働きかけることです。
自己免疫力の向上や、鎮静効果があるなどの効果を発揮します。
ほかにも効果の仕組みとしては、鍼による刺激によって脳内に痛みを抑えるための
「エンドルフィン」というホルモンが分泌され、抹消神経の痛みの信号を断ち切る
などという説もあります。

灸の場合は、血行促進効果がメインです。
血の巡りが良くなることで、血液中に免疫物質が分泌され
造血作用が促進されるといった仕組みが働き、痛みを改善します。


鍼灸治療で得られる効果は、マッサージやカイロ、整体などの体表からしか
アプローチ出来ない治療とは違い、直接原因の筋肉を緩めることが出来るの
で、大きな効果が期待できるのです。


針刺激によって与えられる影響としては他にも、筋肉の緊張が緩んで血液の巡りが良くなることで症状が改善します。


こりをほぐすためには脱力が大事ですが、「体の力を抜く」ことは意外と難しいもの。鍼灸によりアプローチすることで、体の緊張をほぐす効果も期待できます。

 

治療方法


頭痛なので頭の方に意識が行きがちですが、お腹や足が冷えていることが多いんです。
「慢性型頭痛」と「片頭痛」どちらの頭痛にも共通する原因として
身体の冷え首のこりや肩こりがあげられます。
下半身が冷えると身体の中の熱は上に上がる性質があります。
頭部や首、肩まで上がった熱はこもってしましまい、凝りの強い部分の神経を
圧迫して痛みが増す状態になります。


冷えを改善すると同時に、首のこり、肩のこりをツボを使って治療していきます
ここで鍼灸治療の出番ですね!(*'ω'*)




鍼の刺し方は大きく分けて単刺と置鍼、パルス鍼の3通りがあり、

刺は針を刺してから上下や左右に動かす、指で弾いて振動させるなどをした後にすぐ抜く方法です。針を刺したまま10分程度そのまま放置しておく方法が置鍼になります。最後に、パルス鍼は針を刺した後、そこから低周波の電流を流す手法です。このような方法で刺激を与え、免疫系や自立神経系に作用させることで、痛みを鎮静させたり、自己免疫力を高めたりできるとされています。

「慢性型頭痛」の経穴(ツボ)



「慢性型頭痛」の特徴として頭全体が締め付けられるような痛みを感じたり
後頚部や肩の筋肉が張ったような痛みも伴う。
ヘルメットを被っているみたいに重だるいとも表現される。

このタイプの頭痛は主に直接、痛みの原因となっている筋肉に対して
アプローチしていきます。

 後頭筋群

 側頭筋+眼精疲労にもアプローチ

 原因となっているストレスに効果あり


 

「片頭痛」の経穴(ツボ)


こめかみあたりがズキズキ脈打つような痛みで、多くは片側に痛みが生じ、目の前がチカチカするなど光や音に過敏になったりします。(閃輝暗点)
歩いたり体を動かしたりすると、痛みはさらに増します。

筋肉の緊張状態が続くと⋆交感神経優位の状態が長時間続きます。
交感神経があまりに優位になりすぎると、反動でリラックスした時に⋆副交感神経が過剰に優位になります。
この時に血管が大きく拡張して片頭痛が起こります。

交感神経…興奮時、運動時に優位
副交感神経…リラックス時、睡眠時に優位


「片頭痛」では交感神経優位の状態が症状の引きがねのため、肩こり・頭痛に効果のある手足のツボを選び、副交感神経優位にする治療をします。


 肩こり、寝違いなど

 頭痛、肩こり、生理痛、歯痛などに効果がある万能なツボ

 頭痛、首・肩の凝り、足のむくみ、腰痛

最後に


頭痛や首・肩凝りは治療すればよくなります。
ですが、同じ生活をおくっているといずれはまた痛くなるでしょう。
生活習慣を変えたりセルフケアをすることで予防になります!

冬場はシャワーだけではなく湯船に浸かって身体を温めたり、日中はカイロを貼って温めると症状も軽くなり、改善に繋がります!


鍼灸治療をすれば症状が良くなり、リラックス効果もあるのでストレス解消にもなります。
まだ受けたことがない方はおすすめなので是非(^^♪


相談・質問・ご予約は下から↓

LINE@ de 相談 「気軽に相談してみよう♪」友達に追加
私たちは皆様に健康を提供したい
求人

ブログ一覧へ戻る

  • このブログの記事は「福島学志」が書きました。

    初めまして!鍼灸師の福島です。

    鍼灸師資格は2つに分かれていることはご存知ですか?
    「はり師」「きゅう師」2つ合わさることで鍼灸師となり、片方だけでは鍼のみもしくは灸の治療しかすることができません。

    鍼灸治療は肩こり腰痛からストレス・生活習慣・ホルモンバランスの影響からくる自律神経失調症まで様々な症状に対して効果があります。

    最近ではNHKの「ためしてガッテン」で特集されるなど、だんだん身近なものになってきています。

    何故あなたの症状には鍼灸治療が良いのか、どのような効果があるのかを解りやすく説明をし、いち早く患者さんの症状が改善するように努めさせていただきます。

    鍼灸治療は私、
    福島にお任せください。

    星星(14件)

    指名予約