交通事故治療|健康保険適用になるケース

交通事故での通院

交通事故に遭い、病院や整骨院に通院する場合、自賠責保険が適用されすべて治療費をみてくれますが、交通事故の状況によっては健康保険適用での通院となる場合があります。
今回はどのような場合に健康保険適用になるのか、当院での過去のケースでご紹介します。
 

健康保険適用になったケース

過失が大きい又は過失が未確定で加害者よりの場合

事故の加害者側で過失が大きい場合は、健康保険適用になる場合が多いです。
特に過失が7割以上10割未満は自賠責の補償額が120万→96万に減額されるため、健康保険を併用して治療費を抑え、自賠責の補償額を超えないようにします。

10割加害者又は自損事故の場合

10割の加害者又は自損事故の場合は、相手に過失がない為自賠責の補償がありません。
その場合通院も自身の任意保険を使っての通院になります。そういった場合は保険会社から健康保険の併用を言われる事が多いです。

ひき逃げ又は無保険

ひき逃げや無保険の場合は相手が保険に入っていない、又は相手がいない為、自賠責の範囲しか補償されません。本来は120万を超えても任意保険で対応されますが、ひき逃げや無保険の場合は120万の自賠責の補償範囲超えると補償がされない場合があるので、治療費を抑えるために健康保険適用になる事が殆どです。

自費(自賠責)扱いになるケース

上記の場合でも、絶対に健康保険を使用しないといけないというわけではありません。患者様が健康保険を使用したくない場合は、患者様がその旨を伝えると自賠責での対応も可能です。
しかし、過失が大きい場合やひき逃げ、無保険の場合は自賠責の範囲を超えてしまう可能性があり満足に治療が受けられなくなる可能性がある為、患者様にメリットが無いので、健康保険での対応をする方が良いかなと思います。

10割の加害者や自損事故の場合は、健康保険適用や全額保険会社がみてくれる場合等、対応が様々です。当院でも最初は健康保険適用でしたが、患者様が健康保険を使用したくない旨を保険会社に伝えると、全額保険会社がみてくれる事もありました。その場合は自賠責と同じような扱いになり、こちらに関しては患者様にデメリットは無かったように思います。

まとめ

基本的には患者様が第一かと思いますので、患者様と治療者側で話して決めるのが良いかと思います。
交通事故の治療で健康保険の方は受けないという病院や整骨院もありますが、健康保険適用の方はそれなりの理由があり、困っている方も多いので、そういった背景も把握する事が大切かと思います。またそのような方を断っていると保険会社からも事故の治療依頼が無くなる可能性もあるのかなと思います。

LINE@ de 相談 「気軽に相談してみよう♪」友達に追加
求人

ブログ一覧へ戻る

  • このブログの記事は「高藤騰(国家資格:柔道整復師)」が書きました。

    始めまして!! 院長の高藤(たかふじ)です。
     当院のサービスのこだわりは、、、
    ・コミュニケーションを大切に!!
    ・清潔感のある院内環境!! を心がけています。

    施術をする際、施術者と患者様の信頼関係は大切です。お互い何でも言い易い環境が出来てこそ、本当の悩みを聞き出し、それに対する施術方法をご提案できます。 また、いくら技術が良くても施術者、院内が不潔と言うのは、施術者自身が怠慢な証拠だと思っています。
    当院の施術のこだわりは、、、
    ・痛みの予防には姿勢、日常生活の改善!!
    ・お辛い症状には鍼灸治療でアプローチ!! をお勧めしております。

    痛みは何か原因があり、その結果発生するものです。 その原因のほとんどは姿勢だと考えます。 姿勢の悪さから、肩こり、腰痛、膝痛、肩こりから自律神経の乱れ、腰痛から足へのシビレなど、根本的な原因は姿勢にあると考え、猫背、骨盤の歪みを治していきます。 また何かしらの症状がある場合、まずはお辛い症状から治していきます。
    その時に鍼灸治療が効果的です。痛み、シビレ、頭痛、自律神経系の症状など、幅広い症状に対応できます。 施術にはゴールが無い為、まだまだ未熟者ですが、スタッフ全員で皆様の健康のお手伝いをさせて頂きますので、お気軽に御相談下さい!!

    星星(313件)

    予約する